アポロ計画捏造説#60 月面ミッションとそれに関わった3人の大統領

アポロ計画捏造説#59 では、アポロ計画で使った費用のことについてまとめてみました。

今度は月面ミッションとそれに関わった3人の大統領について、まとめようと思います。

月面ミッションは有人・無人の月面へのフライトで次のようなものがありました。
  • パイオニア計画 ・・・ 無人の月探査(月接近)
  • レインジャー計画 ・・・ 無人の月探査(月面衝突)
  • サーベイヤー計画 ・・・ 無人の月探査(月面軟着陸)
  • ルナ・オービター計画 ・・・ 無人の月探査(月面周回軌道投入)
  • アポロ計画 ・・・ 有人の月面着陸

アポロ計画に関わった大統領は3人いました。
  • ケネディ大統領(1961年1月~1963年11月)
    アポロ計画を発足。1963年暗殺され死亡。民主党。
  • ジョンソン大統領(1963年11月~1969年1月)
    副大統領だったがケネディ暗殺により大統領に昇格。民主党。
  • ニクソン大統領(1969年1月~1974年8月)
    アポロ月面着陸達成時の大統領。元副大統領(1953年1月~1961年1月)。共和党。

今回は私の感想や考察が節々に書かれています。
それに対する意見はもしあったらコメントに書いていただけるとうれしいです。


時代背景とアポロ計画の始動

1959年1月キューバ革命後、キューバはカストロが首相に就任しました。アメリカとキューバは仲が悪く、特にニクソン副大統領はカストロを嫌っていました。ニクソン副大統領とCIA長官アレン・ダレスが対キューバ戦を統率していました。
そして1961年1月、大統領になったばかりのケネディは慎重にカストロを攻撃することでキューバ攻撃のミッションを承認しました。しかし1961年4月、ピッグス湾でアメリカは大敗しました(ピッグス湾事件)。
ケネディはCIAのトップを処分するなどをし、軍やCIAと仲が悪くなりました。
※ニクソン元副大統領は政権交代で離脱しましたが、戦友が処分されたので不愉快だったと思います。

その直後1961年5月にケネディ大統領は「1960年代中に人類を月に到達させる」と演説し、アポロ計画の支援を表明しました。
これはピッグス湾事件の作戦失敗により、支持率低下を恐れたために行われました。


アメリカの無人月面ミッション状況(月接近or月面衝突)

パイオニア0号ソー-エイブル1958.08.17月周回失敗 - 第一段の爆発により破壊
パイオニア1号ソー-エイブル1958.10.11フライバイ失敗 - ソフトウェアエラー
パイオニア2号ソー-エイブル1958.11.08月周回失敗 - 第三段のミスファイヤー
パイオニア3号ジュノーII 1958.12.06フライバイ失敗 - 第一段のミスファイヤー
パイオニア4号ジュノーII1959.03.03フライバイ失敗 - 目標に届かず
パイオニアP-1アトラスCエイブル1959.09.24月周回失敗 - 試験中にロケットが爆発
パイオニアP-3アトラスDエイブル1959.11.29月周回失敗 - 打ち上げに失敗し墜落
パイオニアP-30アトラスDエイブル1960.09.25フライバイ失敗 - 第二段の異常
パイオニアP-31アトラスDエイブル1960.12.15フライバイ失敗 - 第一段の爆発

この全滅の状況でケネディはアポロ計画のための演説を実施しました。

レインジャー1号アトラス・アジェナ1961.08.23テスト飛行失敗 - 第二段が作動せず
レインジャー2号アトラス・アジェナ1961.11.18テスト飛行失敗 - 第二段が作動せず
レインジャー3号アトラス・アジェナ1962.01.26月面衝突失敗 - ブースター誘導装置故障
→ここまで壊滅的な状況でした。

レインジャー4号アトラス・アジェナ1962.04.23月面衝突失敗 - コンピュータの故障
→月面写真を地球に送るというミッションは失敗しましたが、月面衝突は達成しました。しかし通信のできない月の裏側で激突しているにもかかわらず月面上の詳細な位置が公表されており、つまりこれは虚偽情報でした。(※レインジャー4号 参照)
実際には月にはたどり着いておらず、アメリカの偽装はここで始まりました。

その直後の1962年5月、カストロはソビエト連邦に軍事的支援を求めました。
→カストロはアメリカの月面衝突のニュースを受けて、宇宙開発競争相手のソ連と手を組みました。(おそらく偽装も見破ったうえでの行動です。)
※カストロとソ連を結束させてしまったことで、ニクソン元副大統領は月面ミッションの偽装に良い気はしなかったと思います(この時はジョンソンが副大統領)。

1962年10月キューバ危機(ケネディ大統領にその情報が入ったのは10月16日)

その2日後のレインジャー計画は予定通り打ち上げられました。
レインジャー5号アトラス・アジェナ1962.10.18月面衝突失敗 - 電力故障

しかし、その後レインジャー計画はおとなしくなりました。
キューバ危機があったことによるソ連との緊張状態も影響していたと考えています。

1963年11月22日ケネディ暗殺
→軍需企業やCIA、FBIに暗殺されたという説があります。大きな予算が絡むのでアポロを推し進めたい人もいたかもしれません。

同じ民主党のジョンソン副大統領が繰り上げで大統領になってから、イケイケで月面ミッションは進んでいきました。
※ソ連に負けないため、利権のため、偽装もやむなしというスタンスでどんどん予算をかけてミッションは進められました。

レインジャー6号アトラス・アジェナ1964.01.30月面衝突失敗 - カメラの故障
レインジャー7号アトラス・アジェナ1964.07.28月面衝突成功 - 4308枚の写真を送信
レインジャー8号アトラス・アジェナ1965.02.17月面衝突成功 - 7137枚の写真を送信
レインジャー9号アトラス・アジェナ1965.03.21月面衝突成功 - 5814枚の写真を送信


アメリカの無人の月着陸の挑戦(月面軟着陸)

サーベイヤー1号アトラス・セントール1966.05.30月面軟着陸成功 - 11,000枚の写真を送信

ソ連は1966年1月に軟着陸を行い、その後1966年5月にアメリカも軟着陸も成功しました。
アメリカは1発目で成功するという異色の展開で偽装合戦も互角になりました。
ここでアメリカの月面ミッションは予算のピークを迎え、徐々に減少に向かいます。
ソ連と互角になったことで、ソ連の脅威が薄れたことも影響しました。

しかし偽装なので予算は削減される中でも圧倒的な成功率でミッションは進められました。

サーベイヤー2号アトラス・セントール1966.09.20月面軟着陸失敗 - 中間軌道修正に失敗
サーベイヤー3号アトラス・セントール1967.04.20月面軟着陸成功 - 6,000枚の写真を送信
サーベイヤー4号アトラス・セントール1967.07.14月面軟着陸失敗 - 通信断
サーベイヤー5号アトラス・セントール1967.09.08月面軟着陸成功 - 19,000枚の写真を送信
サーベイヤー6号アトラス・セントール1967.11.07月面軟着陸成功 - 30,000枚の写真を送信
サーベイヤー7号アトラス・セントール1968.01.07月面軟着陸成功 - 21,000枚の写真を送信


月軌道投入

ルナ・オービター1号アトラス・アジェナ1966.08.10月周回軌道成功 - 80日間のミッション
ルナ・オービター2号アトラス・アジェナ1966.11.06月周回軌道成功 - 339日間のミッション
ルナ・オービター3号アトラス・アジェナ1967.02.05月周回軌道成功 - 246日間のミッション
ルナ・オービター4号アトラス・アジェナ1967.05.04月周回軌道成功 - 180日間のミッション
ルナ・オービター5号アトラス・アジェナ1967.08.01月周回軌道成功 - 183日間のミッション


アポロ計画

アポロ1号(AS-204)サターン1B1967.02.21有人地球軌道失敗 - 打ち上げせず
→月面着陸に反対していた宇宙飛行士3人を殺害することが目的だったとも言われています。

アポロ2号(AS-203)サターン1B1966.07.05無人地球軌道成功 - アポロ2号は非公式
アポロ3号(AS-202)サターン1B1966.08.25無人弾道飛行成功 - アポロ3号は非公式
アポロ4号サターンV1967.11.09無人地球軌道成功
アポロ5号サターン1B1968.01.22無人地球軌道成功
アポロ6号サターンV1968.04.04無人地球軌道一部成功
アポロ7号サターン1B1968.10.11有人地球軌道成功
アポロ8号サターンV1968.12.21有人月軌道成功
→ここでアメリカがソ連にはじめて勝ちました。

1969年1月20日、共和党のニクソン元副大統領が大統領に就任しました。
月面ミッションは民主党が打ち出した政策だがニクソンは共和党。
無駄な予算と感じても、既に引くに引けない状態になっており、偽装は続けられました。
しかし、予算は大きく削減しリストラをするなど、アポロ計画(宇宙開発計画)は乗り気でありませんでした。

アポロ9号サターンV1969.03.03有人地球軌道成功
アポロ10号サターンV1969.05.18有人月軌道成功
アポロ11号サターンV1969.07.16有人月面着陸成功
アポロ12号サターンV1969.11.14有人月面着陸成功
アポロ13号サターンV1970.04.11有人月面着陸失敗

1970年にはニクソン大統領がケネディ宇宙センターの大規模なリストラを発表しました。

アポロ14号サターンV1971.01.31有人月面着陸成功
アポロ15号サターンV1971.07.26有人月面着陸成功
アポロ16号サターンV1972.04.16有人月面着陸成功
アポロ17号サターンV1972.12.07有人月面着陸成功

なぜアポロ13号の失敗で終わらせなかったか?
そもそも世間の注目を得るためのパフォーマンスであり、NASAを計画的にリストラするシナリオは既にできていたからです。アポロを中止して大量の失業者を一気に作ったら社会問題になりかねませんでした。
また、ミッション失敗で終わらせるのではなく、成功裏に縮小させていく方が対ソ連においても対国民においても都合がよかったのです。
もう一つ言えることは、敵を作ることにより、(自分が大統領の間に)偽装がばらされる心配と暗殺される恐怖もあったのではないかと思います。ニクソンはケネディ暗殺の真犯人(首謀者)を知っていたと考えています。中にはアポロを進めたかった人もいたということです。


結論

今回の記事で私が出した結論は、アポロ計画で月面着陸を本気で行おうとしていたのではなく、アポロは単にケネディが作り出した政治的なプロパガンダ(宣伝)にすぎなかったということです。


アポロ計画捏造説#61 につづく

2 件のコメント:

  1. G3です。

    いつも鋭い視点での切り込みに感心します。
    アポロ計画以前のロケット開発の失敗続きそして3人の大統領の宇宙開発への非積極性が手に取るように理解できました。

    みんな政治的利用でしかなく誰一人純粋に考えている者は無かったのですね。
    だからこそ、ハッタリでもなんでもいいから宇宙開発で一番に成りたかったという誠に未熟で低年齢的思考の結果だったということです。

    これほど明確な分析をされれば肯定派の人も恥かしくてここにコメントできないでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. G3
      わいあんです。

      コメントありがとうございます。

      3人の大統領はそれぞれの思惑を持って動いていたんだろうなぁと、この記事を書いてて思いました。
      1960年のアメリカ大統領選挙ではケネディとニクソンが争ったそうなのですが、2人の理念は異なっていたのだそうです。
      ・ケネディはソ連に後れを取ったことを批判しました。
      ・ニクソンは「平和と繁栄」路線の継承を訴えました。
      結果は僅差(49.7% vs 49.6%)でケネディが勝利したのだそうです。
      1960年アメリカ合衆国大統領選挙 参照

      ケネディとジョンソン(つまり民主党サイド)はソ連に勝つことを望み、ニクソン(つまり共和党サイド)は平和的な解決を望んだのでしょうね。
      改めて読み返すと実際にそういった動きにも見えました。

      また、大統領選の時、ニクソンはケネディが若すぎる(43歳)ため大統領は務まらないと批判しました。
      ・ピッグス湾事件の作戦失敗(不十分な統率、キューバの過小評価)
      ・CIA長官などへの厳しい処分
      ・汚名挽回のための大胆すぎるアポロ計画の起案
      ・キューバ危機のはっきりしないアプローチ(結果的には良かったのかもしれませんね)
      ・本気すぎるキューバへの対応(180隻の海軍艦艇に2000機の戦闘機、キューバの過大評価)
      ・キューバ戦後のソ連との密約(本文には書かなかった内容です。アポロが足踏みしたことだけは書きました。)
      これらを見れば、そうだったかもしれないなと思いました。

      ソ連とアメリカがどう争っていたかもまとめてみたくなりました。
      次は米ソ宇宙開発競争について、ねつ造派の視点でまとめてみたいと思います。
      うまくまとまるといいなぁ。

      では。
      わいあん

      削除